年賀状甲子園北海道/東北/関東F予選作品一覧

心に届け年賀状年賀状甲子園2012年・年賀状甲子園予選 > 北海道/東北/関東Fブロック
北海道/東北/関東|ABCDEF| 中部/近畿|ABCDEF| 中国/四国/九州|ABCD

東京女学館高等学校

赤と白で日本を表現!「応援」をテーマにしました。いつもお世話になっている祖父母への年賀状です。 頑張っている友達に向けて。太陽の光が海に反射している写真で希望をイメージしました。 赤と白で日本を表現。干支の辰に瞬太選手を乗せて、バッファローズでの活躍をイメージしました。頑張ってください!

郁文館夢学園高等学校

同じ部活の友達へ。
2011年という大変だった卯年から、辰年への次の希望を
込めて、「バトンタッチ」という形で表現をしました。
同じ学校の友達へ。
高校生活の楽しさと新年の明るさを組み合わせて表現しました。
駿太選手へ。
応援には欠かせない「チアガール」を描きました。セクシーな衣装と球団名にちなんだバッファローがポイントです♪

神奈川県立川崎北高等学校

私達が実際に受け取ったら嬉しいと思うデザインを考えて制作しました。あえて和柄ではなく、メルヘンなデザインにして、メッセージも英語を使用し、オシャレな年賀状にしてみたのがポイントです。 新しさを求めて、夜空をバックにネオンを光らせてみました!
竜を赤色で強調しつつ、雰囲気に合わせて英語でのメッセージを加えました。恋人に気持ちを届けたいという思いを込めて、試行錯誤しながら制作しました。
初めての作業に苦戦しながらも、応援の気持ちを込めて精一杯書きました!オリジナルキャラクターを考えて、自分たちの個性を活かしました。受け取る方に元気を与えられるような1枚になったと思います。

神奈川県立平塚農業高等学校初声分校

「Peper dragon」描くのではなく思いをこめて1つ1つ切ってみました。神龍を紙龍にしたので、テーマも「Peper dragon」人々の願いが詰まった玉を持って天の神様へ届ける龍は、きっと私達に幸せを運んでくれるでしょう 【登竜門】つらくても乗り越えれば素晴らしい道が開けるから精一杯、太陽に向かって真っすぐ全力投球してほしいという想いを私達と同年代の皆さんへ向けてのメッセージとしました。 いま見えはじめたそびえる壁は、限界でも挫折でもない。進化の区切り。登ろうと考えるから嫌気がさすんです。正攻法でぶち破ればいいんです。そのほうがかっこいいでしょ?

神奈川県立城山高等学校

切り絵で表現し、強弱をつけることによって、龍のかっこよさを表しました。色つけは水彩で優しい感じをだしました。文字は黒を使い全体をひきしめました。 竜のこまかい部分をがんばりました。背景を黒にしてカッコよく仕上げました。私たちの平和な思いがこもってます!! 「目指せ!!ナンバーわん!」というセリフはダジャレにしてみました。あと、犬がきているユニフォームは後藤選手の8番のユニフォームです。

洗足学園高等学校

朝、東から昇ってきた太陽とは逆に西へ向かう兎たちは十二支の時計周りを表現しました。仕事をやり遂げた兎たちが帰るとこへ竜から「お疲れ」の一言。「ありがとう。頑張れ!」と兎。挨拶って親近感が湧きますよね。 初めての画像加工は大変でしたが、納得できる作品ができてよかったです。美しい景色に出逢えたり、そういったいいことが来年もたくさんあるように、という想いで作りました。バックの「龍」の文字がポイントです。 この年賀状は新しい年を力強く進むという思いを込めて描きました。駿太選手に私の作品を受けとっていただけるということで、もらって嬉しいと思っていただけるように頑張りました。